地域福祉活動計画

ごあいさつ

「共に生き、共に支え合う福祉のまちづくりを目指して」

 近年、少子高齢化や核家族化が急速に進み、家族や地域で支え合う力の弱体化や住民相互の繋がりの希薄化が進むなど、地域社会を取り巻く環境は大きく変化しています。
 こうした中、誰もが住み慣れた地域で安心して健やかに暮らしていくためには、行政・地域住民・福祉関係事業者・ボランティアなどによる地域福祉活動を推進することが、これまで以上に重要になってきています。
 足利市社会福祉協議会では、地域での生活や福祉課題の解決に向け、平成19年度に「足利市地域福祉活動計画」を、平成24年度に「第2次足利市地域福祉活動計画」を策定し、地域福祉の推進に努めてまいりました。
 そのような中、足利市の策定する「第3期足利市地域福祉計画」との整合性を図るため、この度、計画期間を1年前倒しして「第3次足利市地域福祉活動計画」を策定いたしました。
 地域福祉の課題やニーズは、地域の中にあり、それを的確に解決する方法も地域の中にあると思います。本会といたしましては、そうした地域福祉の推進主体であります市民の皆様に対しまして、引き続き積極的な福祉活動をお願い申し上げる次第であります。
 そして、「共に生き、共に支え合う福祉のまちづくり」を基本理念とし、足利市とも連携を図りながら、地域福祉の一層の充実のために、市民の皆様とともに、本会の役職員が一体となって更なる取り組みを進めてまいります。
 結びに、本計画の策定にあたり、貴重なご意見やご提言をいただいた策定委員会委員の皆様、そして、懇談会開催にご協力を頂いた関係者の皆様、市民アンケートにご協力を頂いた市民の皆様に心から感謝申し上げます。

平成29年3月

社会福祉法人 足利市社会福祉協議会
会長 岩田 昭