地域福祉活動計画

ごあいさつ

近年、少子高齢化や核家族化が一層進行し、市民意識や地域社会の状況も大きく変化している中で、家族関係や近隣関係が希薄化し、かつて家族、地域社会が持っていた家族の問題、地域の問題に対応する力も弱まってきています。ひとり暮らし高齢者の増加や孤独死、児童・高齢者・障がい者に対する虐待などに象徴される地域福祉の課題が顕著になり、かつ、多様化しています。一方、地方分権や社会福祉制度改革なども進められ、地域福祉の推進に社会福祉法人やNPO法人、ボランティア団体が参画するなど、地域福祉をめぐる環境も大きく変化しています。そのような中、2000年(平成12年)の法改正では、市町村社会福祉協議会は、「地域福祉の推進を図る」ことを目的に設置される組織であるということが改めて明確にされ、その役割と責務は益々大きくなっています。

このような地域福祉や社会福祉協議会をめぐる変化を受け、今後の足利市の地域福祉活動のあり方と本会の役割を明らかにするため、平成20年度に足利市地域福祉活動計画を策定したところですが、その計画期間が平成24年度で満了することから、このたび多くの関係者の皆さま、市民の皆さまにご協力をいただき、第2次足利市地域福祉活動計画を策定したものです。今回もアンケートなどで市民の皆さまから様々なご意見をいただきましたが、できる限りそれを反映し、事業計画に取り入るよう努めたところです。

本計画は、社会福祉協議会の役職員が一体となって推進していくことはもちろんですが、地域福祉の推進は、社会福祉法にも規定されているように、多くの市民の皆さま、各種団体関係者の皆さまとの協働で推進していかなければならないと考えております。市民の福祉に対する意見やニーズに対する的確な対応は、地域福祉を推進する上で極めて重要なことであります。地域福祉の課題やニーズは地域の中にあり、それを的確に解決する方法も地域の中にあるものです。その意味で、地域福祉の推進主体は地域の住民ということになりますことから、市民の皆さまの積極的な福祉活動をお願い申し上げます。

結びに、本計画の策定にあたり、貴重なご意見やご提言をいただいた策定委員会委員の皆さま及び懇談会やアンケートにご協力をいただいた市民の皆さまに心から御礼を申し上げます。

平成25年3月

社会福祉法人 足利市社会福祉協議会
会長 山岡 美和子